×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ありがとうございました









アニメイトTVでの
Webラジオ「Cafe essence」や
「Cafe essence Special break」、DJ−CDへの応援
ありがとうございました。




これまでのゆるカフェレポはこちら






    〜語り継がれる物語がある〜    



「カフェ・エッセンス」が閉店して数ヶ月が経ちました。
始まった当初は「1クール(3ヶ月)は行けるだろうけどその後はどうかな・・・」という考えが頭の中にあったので, まさか3ク−ルも続けられるとは思ってもいませんでした。
しかしファンの皆さんの暖かい後押しのお陰で,実りのある、とても濃い9ヶ月を過ごさせていただく事が出来ました。
「夏コミ」そして「スペシャルブレイク」と,間近で皆さんと触れ合えた事は、僕にとても大きな力、そして勇気を与えてくれました。
「カフェ・エッセンス」はこれでいいんだ。
スタッフと創り上げてきたこの番組は間違っていなかったんだと。

収録前から,常時2〜3種類、もしくはそれ以上の「お菓子たち」がテーブルに所狭しと並べられ、
そこでまず軽い打ち合わせの後、「竜の洞窟」のカフェ・オレをいただきながら、今日のお菓子談義に花を咲かせる。
そして充分に「ゆる〜く」なったところでスタジオへ。
ここを本当の「カフェ」として捉え,毎回違う「お菓子」や「御飯もの」を用意してくれている「お菓子大王」「ヴィヴィッドカラーのIさん」。
「お菓子大王」と双璧のプロデューサーでありいつも「カフェ・エッセンス」のwebぺージをしっかりと管理してくれている、バイク大好きなY山さん。
忙しいスケジュールの中,いつもいつもキッチリと台本を仕上げ、全てに目を配り、様々な連絡・チェックなどを欠かさずに行ってくれている ディレクターの広瀬さん。
「ノンストップ中原」の構成作家・出演だけではなく「カフェ・エッセンス」の絵やバナー,「スペシャルブレイク」のページの制作更新、 冬コミケ限定「同人誌」発行など、八面六臂の活躍を、いつも元気よくしてくれている島さん。
ミキサーの仕事をしっかりとこなし,再編集など色々な注文に嫌な顔一つせず、黙々と作業をしてくれる村上くん。
「竜の洞窟」という素晴らしい環境のスタジオを御提供いただき,いつもとてもチャーミングな笑顔でその場を和ませてくれる、おりねさん。
この7人が「カフェ・エッセンス」を支えてくれている中核のメンバーになるのですが,他にも、ウォーターオリオンの後藤さん、同じくFさん、
ロックンバナナのマネージャー磯崎さん。
「スペシャルブレイク」でミキサーをしていただいた、西沢さん。
特に前述の方々7人には,僕は頭があがりません。
「カフェ・エッセンス」をオープンして強く思ったのは,当たり前かもしれませんが「一人では何も出来ない」という事です。
「カフェ・エッセンス」は僕に,人と人との繋がりの大切さ、「絆」の大切さを再認識させてくれました。
いつもいつも僕が気持ちよくスタジオに居られるのは,マイク前でリラックスして喋っていられるのは、全て「チーム」のお陰なんだと。
僕はこの年(47歳)にして,本当の意味でその事に気が付いたのかもしれません。
今,このタイミングだからこそ、やって良かったんだとつくづく思っています。
そしてそれを聴いてくれる皆さんがいる。
「カフェ・エッセンス」の雰囲気を感じてもらえる皆さんがいる。
おっと忘れるところでした。
「ゆるカフェ劇団」の面々,五十嵐さん、仁くん、浜添くん、キヨヒロくんも、いつもいつもありがとう。
そして匠の域とも言える「消しハン」を制作してくれている上里くんもありがとう。
これから君達にもまた迷惑を掛けるかもしれないけど,これからもよろしく。
勿論,リスナーの皆さんには、何度感謝してもしきれません。

「カフェ・エッセンス」はこのような素晴らしいスタッフ達に支えられて9ヶ月という時間を駆け抜けました。
また皆さんと「ここで」再会出来れば。
その日が来る事を祈りながら、僕はカウンタ−に立ち続けたいと思います。

「カフェ・エッセンスへようこそ」

その言葉から始まる新しい物語に思いを馳せながら・・・

〜エピロ−グに変えて「もう一つのカフェ・エッセンス」から見える風景〜

「ふ〜っ・・・」
手に息を吹きかける。
店を開店して初めて迎える「クリスマス」だった。
過度な装飾はせず,電飾を少し施した、常連が持ってきてくれたこぶりの樅の木を、奥に置くに留めた。
オ−ナメントは客が勝手に付けていった。
今ではいっぱしのクリマスツリ−になっている。
夜の帳が早く降りるこの季節。
店の中には,暖かな光が点滅している。
窓の外には白いものが見え隠れしている。
朝起きた時には一面の雪景色だったのだ。
夜中に,しんしんと降り始めていたらしい。
全ての音が吸い取られてしまったかのような夜の中,暖炉の薪が燃える音だけが、いやにハッキリ聞こえていた。
その隙間に柱時計が時を刻む音。
時々薪が崩れる音と,炎が爆ぜる音が店の空気を少し掻き回す。
冬は閉店の時間を決めない事にした。
雪を見た途端そう思ったのだ。
「ボ〜ンボ〜ン」
という音に振り向くと,時計の針は21時を指していた。
突然凍てついた空が見たくなり,カウンタ−を出て外に出た。
キンと冷えた空気の中,見上げると遙か彼方の高みから、雪が規則正しく落ちてきていた。
掌に雪の結晶を認め「ふ〜っ」と息を吹きかけてみる。
じわ〜っと私の手に溶け込むように,それは急激に姿を失くしていく。
今日はこれで終いにしようかと札に手を掛けた瞬間。
「マスターまだいいかな?」
という陽気な声が掛かった。
「いいですよ」
闇の中から顔を出したのは,店に樅の木を運んで来てくれた、Oさんだった。
そしてその後ろからぞろぞろと3人程が現れた。
ほろ酔い気分の4人を店に招じ入れた私はもう一度空を見上げた。
右頬にじわ〜っとした感覚を味わった刹那、私も店に歩を踏み入れた。
「ブレンド4つね!」
カウンターに戻った私は,火をつけ湯を沸かし始める。
ツリーは変わらず暖かな灯りを揺らしていた。
静かな静かなイブの夜が,いつもと変わらず過ぎていこうとしていた。

そして初めて迎える雪の中での日々が,私の気持ちを少し高揚させていた・・・



中原 茂








2008/12/16(火)17:48 茅ヶ崎「スターバックス」にて
         &
2009/6/5(金)14:30 同上




2008年に販売されたDJCDのおまけの同人誌からの加筆転載です。









こちらのサイトは2009.8.24に閉鎖いたします。

イベントやラジオへの応援ありがとうございました。